公認会計士試験 公認会計士試験は公認会計士になりますのでの試験です。公認会計士試験は国家試験そうはいっても、特に受験資格がありませんから、どのような方でもチャレンジ出来る試験です。年齢も学歴も関係ないのがうれしい試験と思っているのです。公認会計士の試験は、短答式試験が毎年5月に行われます。そして短答式試験に合格した人が舞い押し8月に3日間おこなわれている論文式試験を受験する事ができるでしょう。そしてその後合格していれば、公認会計士試験に合格したことになりますね。しかしその後すぐに公認会計士になれると言うわけではなく、実務補助、業務補助が二年、そして修了考査があって、ようやく合格登録をして公認会計士になることができるはずです。 公認会計士試験の難易度は比較的高いなんですよ。気になる公認会計士の合格率とはいえ、17パーセント程度と言われているのです。合格点は51パーセント以上の特典を取っていることになっていますが、もしも1教科でも、四十パーセント以下の得点があったときは不合格と言われているものです。公認会計士試験の科目免除資格取得者は、合格発表があってから2年は免除されます。 私の友人も公認会計士試験を三回受けて3回目でようやく合格していました。予備校にも通って勉強をしてやっと合格出来るのでいたため、、なかなか独学だけではむずかしい試験です。